驚異の結果!東大発のハマるおうち読書法とは? – 笹沼颯太が明かす1万人の子どもの変化

スポンサーリンク

子どもの成長にとって「読書」は非常に重要です。

しかし、どうやって子どもに読書の習慣を身につけさせるかという疑問を持つ親は多いです。

そんな親たちに朗報です。

東大発の読み聞かせプロジェクトを指導した笹沼颯太による「ハマるおうち読書」

この方法を実践することで、1万人以上の子どもたちが読書に夢中になりました。

この記事ではその秘密に迫り、どのようにして家庭で効果的に読書を取り入れるかを解説します。

笹沼颯太とは誰か

笹沼颯太は、東京大学出身の教育研究者であり、多くの教育プロジェクトを主導してきました。

  • 東京大学出身の教育研究者
  • 多くの教育プロジェクトを主導
  • 「ハマるおうち読書」を考案

笹沼颯太氏は、東京大学を卒業し、その後も教育の分野で多くの研究やプロジェクトを進めてきました。

彼の教育法は、実際の現場で効果が証明されており、特に「ハマるおうち読書法」は、1万人以上の子どもたちに読書の習慣を根付かせました。

この方法は、子どもたちが自発的に本を読むようになることを目指しています。そのためのステップや具体的な方法について、この記事で詳しく見ていきます。

「ハマるおうち読書」とは何か

「ハマるおうち読書」とは、笹沼氏が考案した家庭での読書推進方法であり、子どもが自然に本に興味を持つようになる一連のプロセスです。

  • 家庭での読書推進方法
  • 子どもが自然に本に興味を持つプロセス
  • 具体的なステップに基づく取り組み

「ハマるおうち読書」は、子どもが自ら本を手に取り、読むことを楽しむようになるための家庭での読書推進方法です。

笹沼颯太氏は、子どもが読書を嫌いにならないためには、最初の段階で無理に読ませるのではなく、自発的に興味を持つように工夫することが大切だと説いています。

このプロセスには親の関与が深く関わりますが、親が無理なプレッシャーをかけるのではなく、子どもの読書の楽しさを引き出す役割を果たすことが重要です。

ステップ1:本との出会いを楽しむ工夫

最初のステップは、本との出会いを楽しむための工夫をすることです。適切な本選びと読書環境を整えることがポイントです。

  • 適切な本選び
  • 読書環境の整備
  • 子どもが興味を持つテーマの本を提供

子どもが本に興味を持つには、まず適切な本を選ぶことが大切です。また、読書環境を整えることも重要です。

例えば、居心地の良い読書スペースを作ったり、照明を工夫したりすることで、子どもが本に親しみやすくなります。

さらに、子どもが興味を持ちそうなテーマの本を選ぶことで、読書のハードルを下げることができます。

ステップ2:読み聞かせの魔法

次に、親が読み聞かせをすることで、子どもが本に興味を持ちやすくなります。読み聞かせには多くの効果があることが研究でも示されています。

  • 親子のコミュニケーションの促進
  • 言葉の発達を助ける
  • 読書の楽しさを伝える

読み聞かせは、単に本を読むだけではなく、親子のコミュニケーションを深める大切な時間となります。

子どもがまだ自分で読む力がない場合でも、親が読んであげることで言葉の発達を助けることができます。

また、親が楽しそうに本を読む姿を見ることで、子どもも自然と読書の楽しさを感じることができます。

ステップ3:読書の喜びを共有する

子どもが自発的に本を読み始めたら、その喜びを共有することが大切です。親が一緒に読んだり、読んだ本について話し合うことで、読書の楽しさが倍増します。

  • 一緒に本を読む
  • 読んだ本について話し合う
  • 読書の楽しさを共有

子どもが本を読むことに興味を持ったら、その興味をさらに深めるために、一緒に本を読む姿勢を持つことが重要です。

例えば、同じ本を読んだり、一緒に読書会を開いたりすることで、読書の楽しさを共有できます。

さらに、読んだ本について感想を話し合うことで、子どもは自分の感じたことを言葉にする力を養うことができます。

ステップ4:読書の記録をつける

子どもが読んだ本を記録することで、達成感を得られるだけでなく、一貫した読書習慣が身につきます。

  • 読書記録ノートを作る
  • 読んだ本のリストを作成
  • 感想を書くことを奨励

子どもが読んだ本を記録することで、どれだけ多くの本を読んだかを可視化することができます。

この読書記録ノートは、子どもに達成感を与えるだけなく、読書の習慣を続けるための動機付けにもなります。

また、本のリストを作成することで、自分の読書の履歴を見ることができ、どんなジャンルやテーマに興味があるかを確認することができます。

ステップ5:読書に関連するイベントを楽しむ

読書に関連するイベントや活動に参加することで、子どもたちの読書に対する興味をさらに高めることができます。

  • 書店のイベントに参加する
  • 図書館の読み聞かせ会
  • 読書クラブや読書会に参加

子どもに読書の楽しさをさらに感じてもらうために、家庭だけでなく外部のイベントや活動に参加することも効果的です。

例えば、書店で開催されるイベントや、図書館の読み聞かせ会に参加することで、読書の楽しさを実感できる機会を提供できます。

また、読書クラブや読書会に参加することで、同じ本に興味を持つ仲間と出会い、読書の幅が広がります。

ステップ6:親自らが読書モデルとなる

親が自ら読書の楽しみを実践することで、子どもにとって最も身近なロールモデルとなります。

  • 親自身が本を読む姿を見せる
  • 親のおすすめ本を紹介する
  • 家族で読書時間を設定する

子どもが読書に興味を持つためには、親自身が読書を楽しむ姿を見せることが重要です。

子どもは親の行動を自然と真似るため、親が読書を楽しむ姿を見せるだけでも、子どもにとって読書が身近なものになります。

さらに、親のおすすめ本を紹介することで、読書の楽しさを伝えることができます。

ステップ7:読書の成果を褒める

子どもが本を読んだ成果を褒めることで、読書意欲をさらに高めることができます。

  • 読書の成果を具体的に褒める
  • 読書の達成感を共有する
  • 読書の成果を記録する

子どもが本を読み終えたら、その努力と成果を具体的に褒めることが大切です。

どんな本を読んだのか、その感想を聞くことで、子ども自信が読書の達成感を感じることができます。

また、読書の成果を記録することで、どれだけ多くの本を読んだかを可視化し、それが次の読書の意欲にも繋がります。

ステップ8:多様なジャンルに触れさせる

さまざまなジャンルの本に触れることで、子どもの読書の幅を広げることができます。

  • 多様なジャンルの本を提供する
  • 子どもの興味に合わせた本を選ぶ
  • 読書の楽しさを感じるための工夫

子どもに多様なジャンルの本を提供することで、さまざまな興味や関心に触れる機会を作ることができます。

例えば、科学、冒険、小説、歴史など多岐にわたるジャンルの本を提供することで、子どもが自身の興味や関心に基づいて本を選ぶことができます。

これによって、読書の楽しさをさらに広げることができるのです。

ステップ9:シリーズ物の本を選ぶ

シリーズ物の本を選ぶことで、子どもが次の本に対する興味を持ち続けることができます。

  • 続きが気になるシリーズ本を選ぶ
  • 物語の展開が楽しみになる
  • シリーズ読破の達成感を感じる

シリーズ物の本は、物語が続くことで次の展開が気になるため、子どもが次の本を読みたくなる動機になります。

長い物語を読み進めることで、読書の楽しみを深めることができ、シリーズを全部読み終えたときの達成感も大きいです。

このように、シリーズ物の本を選ぶことで、子どもが読書に対する継続的な興味を持ち続けることができます。

まとめの見出し

「ハマるおうち読書」は、適切な環境作り、親子のコミュニケーション、読書の喜びを共有することで、子どもが自然と本を好きになる方法です。

笹沼颯太の方法を取り入れ、家庭での読書時間を楽しいものにすることで、1万人以上の子どもたちが大きな変化を遂げました。

本記事で紹介したステップを参考に、おうち読書を楽しみながら、子どもの成長を見守ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
鬼読書

初めまして鬼読書 疲弊です。1日1冊ペースだと、ほんの274年で10万冊読破できそうです。たまに気になる世間のニュースについても語ります。

鬼読書をフォローする
ブックレビュー
鬼読書をフォローする
タイトルとURLをコピーしました