上手な話し方と聞き方のコツを徹底解説「キミが信頼されないのは話が「ズレてる」だけなんだ」

スポンサーリンク

職場でのコミュニケーションに悩みを抱える人は多いかもしれません。もし「話が長い」「何を言いたいのかわからない」と言われた経験があるなら、本記事が新たな気づきを提供します。横山信弘著『キミが信頼されないのは話が「ズレてる」だけなんだ』を参考に、仕事で避けたい話し方を改め、信頼を勝ち取るための具体的なコツを紹介します。一緒に、コミュニケーションスキルを向上させ、職場での評価を高めましょう!

耳で本を聴く!無料体験キャンペーン開催中 audible

話し方で信頼を失っていませんか?

第一章では、自分が知らぬ間に信頼を失っているかもしれない話し方を取り上げています。多くの人が気付かずにやりがちなミスを確認してみましょう。

  • ぼんやりとした話し方の問題点
  • 脱線することでコミュニケーションがうまくいかなくなる理由
  • 何を言いたいのかわからない話し方の影響

「話が長い」、「脱線する」、そして「何を言いたいのかわからない」と言われることはありませんか。これらの話し方の問題点は、知らないうちに信頼を失う原因になります。例えば、会議で発言する際に要点が定まらず話が長くなりがちです。それでは参加者は次第に興味を失い、あなたの意見を重要視しなくなります。また、余計なエピソードや関係のない話題を挟むと、重要な情報が埋もれてしまいます。これらの点を意識することで、より信頼される話し方が身につくはずです。

相手の話しや指示をちゃんと聞く

第二章では、正確な返事をするための「聞き方」にフォーカスします。返事がズレないようにするために、大切なポイントを学びましょう。

  • 効果的な聞き方の技術
  • フィードバックを上手に活用する方法
  • 聞き逃しを防ぐための工夫

「聞く」という行為は、ただ耳を傾けるだけではありません。例えば、部下が上司の指示を受ける時や、顧客の要望を聞く場面では、相手の言葉を正確に受け取ることが重要です。適切なフィードバックや確認の質問をすることで、理解がズレることを防ぐことができます。さらに、重要なポイントをメモする習慣を持つと、聞き逃しが減り、信頼が高まります。仕事の成果にもつながるので、ぜひ実践してみてください。

認識のズレをなくすための確認術

次に、認識のずれをなくすための「確認」について紹介します。この確認方法が成功すれば、信頼度が一層高まることでしょう。

  • 効果的な確認のタイミング
  • チェックポイントを明確にする方法
  • 確認を怠ることで生じるリスク

認識のズレは、仕事の誤解やミスを引き起こす大きな要因です。例えば、プロジェクトの進行中に上司が出した指示を「再確認」することで、お互いの認識齟齬を防ぐことができます。確認を怠ると、後で大きな問題が発生するリスクがあります。また、複数のステークホルダーが絡むプロジェクトでは、各重要なポイントで合意を取ることが不可欠です。確認を適切に行うことで、信頼関係を築き、プロジェクトの成功確率を高めることができます。

話が長く、脱線しやすい人のためのアドバイス

話が長くなってしまう、あるいは脱線しやすいと自己診断している方には、この章が必見です。もっと丁寧に話すための具体的なコツを学びましょう。

  • 話の要点を整理する方法
  • 脱線を避けるための工夫
  • 短く、的確に伝えるテクニック

「話が長い人」とは、聞く側にとって要点が見えなくなりやすい人のことです。話の要点を整理し、必要な情報だけを提供するよう心がけることが大切です。例えば、プレゼンテーションや会議前に箇条書きで話すポイントを整理し、紙に書いて確認すると、頭の中が整理され、話が長くなるリスクを回避できます。また、具体的な事例やデータを挙げることで、説得力が増し、話の脱線を防ぐことができます。このようなテクニックを取り入れて、より短く、的確に伝えるコミュニケーションを目指しましょう。

評価が上がる質問の仕方

次に、信頼を勝ち取るための質問の仕方を紹介します。適切な質問は仕事の評価を上げる大きなポイントです。

  • ダメな質問の例とその原因
  • 効果的な質問テクニック
  • 質問を改善するための練習法

質問の仕方ひとつで、相手からの評価が大きく変わることがあります。ダメな質問とは、全く的外れであったり、相手の話を遮るような質問のことです。一方で、効果的な質問とは、相手が話し易くなるような、オープンエンドの質問です。例えば、「具体例を教えていただけますか?」や「どのような経緯でその結論に至ったのですか?」といった質問です。これにより相手の意見が深まり、話の内容がより具体的になります。質問を改善するための練習法として、日常の会話やミーティングで意識的に質問を続けていくことで、自然と上手な質問の仕方が身につくようになります。

信頼されるための話し方

キーパーソンや重要な人から信頼を勝ち取るために、ひとつ上の話し方を習得しましょう。しかしながら、どのように話すべきか、そのコツを深堀りします。

  • 効果的な話し方の基本
  • 話し方のバリエーションを持つ利点
  • 具体例を用いた説明方法

信頼される話し方は、状況や相手によって柔軟に変えて対応する必要があります。基本的には、相手の立場を理解し、共感を示すことから始まります。例えば、上司にはビジネス目標に結びつけた話し方、一方で同僚には共通の経験を共有することで親近感を持たせるといったバリエーションが必要です。さらに、具体例や事実を用いて話すことで、相手は納得しやすくなります。これによってより信頼される存在となり、職場での発言力も向上します。

話の展開の仕方を身につける

次に、効果的な話の展開方法を紹介します。これを習得することで、あなたの話がより理解しやすくなり、評価も上がるでしょう。

  • 話の流れを作る基本
  • プレゼンテーションの構成力を高める
  • 結論から逆算する方法

話の展開が上手な人は、相手に対してわかりやすく、面白いと感じさせることができます。流れを作るためには、まず全体の構成をしっかり決めることが大事です。例えば、プレゼンテーションや会議で話す場合、冒頭で「今日は〇〇についてお話しします」と明確にトピックを伝えることで、聞き手の集中力を高めることができます。そして、具体的なデータや事例を交えて話を展開し、最後にまとめとして再確認をします。このように、話の流れをしっかり組み立てることで、より伝わりやすい話し方を身につけられます。

フィードバックを受け取る姿勢

良いコミュニケーションは、フィードバックの受け取り方次第で大きく変わります。この章では、フィードバックを上手に受け取るコツを解説します。

  • ポジティブなフィードバックの活用方法
  • ネガティブなフィードバックを糧にするコツ
  • フィードバックを定期的に求める方法

フィードバックは自身の成長の非常に重要な要素です。ポジティブなフィードバックを受けた時は、感謝の気持ちを示しながら、どのような点が良かったのか具体的に聞いてみるとさらに学びが深まります。一方で、ネガティブなフィードバックも自身の改善点を見つけるチャンスです。冷静に受け取り、次回どのように改善できるかを考えることが大切です。さらに、定期的にフィードバックを求めることで、継続的にスキルを向上させることができます。

日常生活でのコミュニケーション改善

仕事だけでなく、日常生活でもコミュニケーション能力は非常に重要です。この章では、日常生活に役立つコミュニケーションのコツを紹介します。

  • 家族や友人との関係を良好に保つ方法
  • 効果的なメッセージの伝え方
  • 共感と理解を深めるテクニック

日常生活においても、効果的なコミュニケーションは非常に重要です。例えば、家族や友人との間での話し合いでは、互いの意見を尊重し、共感を示すことが関係を良好に保つ秘訣です。また、「〇〇についてどう感じますか?」といった質問を通じて、相手の意見や感情を汲み取ることができます。さらに、相手の話を遮らずに最後まで聞くことで、相手は大きな安心感を持つことができます。日常生活の中でも、これらのテクニックを活かして、より良い人間関係を築くことができます。

訓練と継続が鍵

最後に、効果的なコミュニケーションスキルを確立するために、訓練と継続がどれほど重要かを解説します。

  • 定期的な練習のメリット
  • フィードバックを活用した改善方法
  • 長期的な視野での成長戦略

効果的なコミュニケーションスキルを身につけるためには、訓練と継続が不可欠です。定期的に練習を行うことで、自然と新しいスキルが身につくようになります。例えば、日々の仕事や会話の中で意識的に新しいテクニックを試すことが効果的です。また、フィードバックを受けることで、自分の中では気付いていない改善点を見つけることができます。長期的に継続することが、最終的には大きな成果をもたらします。新しい挑戦を恐れず、持続的に努力を重ねていくことが、信頼されるコミュニケーションスキルの鍵です。

結論

信頼される話し方と聞き方を身につけることで、職場での評価を大きく向上させることができます。横山信弘著の『キミが信頼されないのは話が「ズレてる」だけなんだ』を参考に、具体的なステップを学び、日々のコミュニケーションに活かしていきましょう。訓練と継続を忘れずに、信頼を勝ち取る素晴らしいコミュニケーションを目指しましょう。

耳で本を聴く!無料体験キャンペーン開催中 audible

スポンサーリンク
鬼読書

初めまして鬼読書 疲弊です。1日1冊ペースだと、ほんの274年で10万冊読破できそうです。たまに気になる世間のニュースについても語ります。

鬼読書をフォローする
ブックレビュー
鬼読書をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました